#MMM_HAZARD トラックメイカープロフィール

今夜は18:00-21:30でこちら!



トラックメイカーがトラック持ってきて気に入ればその場で買えるシステム。

酒飲みながらトラック聞いてその場でリリック書いてもいいしフリースタイルしてもいいし交渉してもいいし自由です

トラックメイカーの人も来て色々情報交換してくださいませー

文字数の関係で載せられなかったんですが今夜のトラックメイカーのプロフィールです

場所HAZARD
日付2/26
時間18:00-21:30
イベント名
MMM
Meet,Match,Make
Beat Maker
KENSHU(illxxx)
BA
SAI BEATZ
Atsu
YUUKI KANAYA
Yue Cue
ENTRANCE FREE

-KENSHU-
オーストリア、ウィーン生まれ。
オーストリア人の父親と日本人の母親を持ち、幼少の頃よりピアノ、バイオリン、フルート、パーカッションなどクラシック音楽をベースに様々な楽器に親しむ。ヒップホ ップ・カルチャーに多大な影響を受け、12 歳より DJ をスタート。帰国後はジャズ、ブラジル、ソウル、ファンクなどを通過しつつ様々なクラブでの DJ やプロデュース・ワークで活動。
クラシック を KENSHU 独自の解釈でヒップホップ・フォーマットに再構築した作品『dulcet featuring KENSHU』(2008)は外資系レコード店を中心にヒット。
アルバム『THE UNITED COLOR』(2008)をリリース後は EDM へ活動の中心をシフト。自らが多大なる影響を受けたヒップホップ・カルチャーへの回答として「B-BOY HOUSE」を提唱。都内有名クラブや国内外のクラブやラジオでプレイ。
圧倒的な DJ スキルと様々なジャンルを通過してきた音楽的センス溢れるプロデュース・ワークは、人気ファッションブランド<mastermind JAPAN>とコラボレーションするなど、多方面から高い注目を集めている。
DJ としては、世界的に有名なEDM フェス UMF 主宰で日本にて開催された「ULTRA MUSIC JAPAN」において、海外勢と肩を並べ日本人アーティストとして出演した。
国内で彼がプロデュースした EDM サウンドは Crystal Kay,Deftech、MINMI,ラッパ我リヤ,DJ Souljahなど立て続けにチャートのランキング入りし、世界的に活躍する Usher や Madonna と活躍する Kento Moriのサウンドも手がけている。 Youtube で 50 億再生を誇る世界的ダンサー marquese "nonstop” scott も彼のサウンドを聴きオファ ーを受けた。 
またとんがった音のCMが流れれば KENSHUという程のCM Workもこなしている。
2014 年にはレーベル・ヘッドとして illxxx Records(musicsense japan) を立ち上げ、総勢40組以上のアーティスト抱え、プロデュースしている。
2015年4月29日にはMaria(SIMI LAB),Takuma the Great,Tarantula(SPONTANIA)を迎え、illxxx Recordsのアーティストをfeatしたアルバム「Sinful Doll」を発表
2015年5月 EDMサウンドとロックをブレンドした ハイブリッド楽曲 ラッパ我リヤ「More Fire」をプロデュース。
9月には,安室奈美恵をFeatに迎えたCRYSTAL KAYの話題盤「REVOLUTION」には彼女のセルフカバー楽曲「Hard to Say(MSG Version)」をKENSHUがトレンドTWERKサウンドでプロデュースを担当した。
ジャンルの垣根を超えた次世代のプロデュースワークから2015年は目が離せない。


-DJ BA-
1987年生 新潟県出身 横浜在住 DJ / PRODUCER / TRACK MAKER
HIPHOPを中心に提供を行う。最近ではR&B、POPSのプロデュース
やリミックス にも及んでおり、今後ますます活躍が期待される。
サンプリングから打込みまで、幅広いサウンドが特徴。
国内屈指の制作スピードであり、年間200曲以上を制作している。
最近では作詞作曲も自分で行うなどマルチな才能の持ち主である。
過去にはサイプレス上野とDJロベルト吉野,KEN THE 390,晋平太,JOY STICKK,KUTS DA COYOTE,t-Ace,MATT CAB, etcなどを手掛けている。


-SAI BEATZ-
プロフィール
1979年12月東京生まれ。
18歳のころより、DJやトラックメイキングをはじめる。
2000年ごろから、シンガーやラッパーに楽曲提供を開始 
今までに、メージャー、インディーズのアーティストのアルバムに 
トラックメーカーとして参加。 
なかには、全米から世界規模で人気のFlo Ridaともアルバムを製作して発売した。
SAI BEATZのBEAT提供アーティスト
KEN THE 390 ,晋平太 , T.O.P ,GOKU GREEN,韻踏合組合, ONE-LAW ,三島a.k.a潮フェッショナル ,MIKRIS  ,十影(LUCK END)MADD DOGG ,SPOCK FROM N.C.B.B ,MOMENT, SNEEEZE ,HI-D ,LB , RANL.. etc


-YUUKI KANAYA-
ソロでのリリースに加えギタリストとして数々のバンドに参加をする傍ら多ジャンルの楽曲提供等多方面に音楽を発信し続ける。
今年、クリエイターチーム「Handshake」を立ち上げさらなる活動範囲の拡大に期待が膨らむ。
トラック提供実績: 掌幻, S.L.B, artii等


-Atsu-
彼が生み出す緻密に計算されたビートと海外仕込みのサンプリングテクニックが織り成すグルーヴ感は昇天してしまうほどの気持ち良さ。 text by Ukiyo


-Yue Cue-
ソロやS.L.Bでのアーティスト活動に加え、トラックメイカーとしての顔も併せ持つ。
若くして般若のアルバムへのプロデュース参加を果たすと、以後ICE BAHNやMIKRISといった多様なアーティストにトラックを提供。
掌幻やWEEDYといった同年代アーティストの作品では全曲プロデュースも任される。
国内最大級のビートバトル「Beat Renaissance」では、初出場にしてベスト4入り・Low High Who?特別賞受賞を果たす。
プロデューサーユニット「W4N」の一員としても楽曲提供やリリースの実績を持つ。






いやー楽しみ


18:00から入場無料でお待ちしております

ドリンク頼んでねw

0コメント

  • 1000 / 1000